龍が如くONLINE(龍オン),攻略 前作主人公との違い

龍が如くオンライン(龍オン) 前作主人公との違い 攻略情報

大人気シリーズ「龍が如く」の最新作として、主人公も新しくなった龍が如くONLILEが2018年にリリースされます。
前作シリーズの主人公桐生一馬との違いや、春日一番がどのように生まれたのかまとめたので、攻略の参考にご覧ください。

 

前作から龍が如くをプレイされている方であれば、主人公の違いや誕生背景を知る事で、龍が如くオンライン(龍オン)攻略もより味わい深いものになるのではないでしょうか?
初めて龍が如くシリーズに興味を持たれた方は、ぜひ魅力的な前作の桐生一馬と春日一番の違いをチェックしてみてください。

 

春日一番の基本的なプロフィールを知りたい方はコチラ⇒春日一番(かすがいちばん)

 

前作主人公との違いについて

 

春日一番と桐生一馬の差別化

 

龍が如くオンライン(龍オン)の主人公春日一番は前作の主人公桐生一馬と80度違う人間を描く事を意識して作られたキャラです。
共通する部分もあるのですが、主人公のキャラが形成されるまでのストーリーや待遇などが全くことなります。

 

桐生一馬がいなくなった世界で、同じような魅力を放てるキャラは出来るのかと考えた末、まずプロットをぶつけてそこから話が進んでいたようです。
なので、考え抜いて作られたというよりは、勢いでベースを作りその後細かい所を付け足していったという感じでしょうか。

 

共通点

 

春日一番と桐生一馬の共通点は、誰かのために刑務所に入り、出所後に浦島太郎状態え街に放り出されてしまうという所。
このように、主人公の共通点や差別化されたポイントなどをあらかじめて知っておくと、龍が如くオンライン(龍オン)でも比較しながら攻略を楽しめますね。

 

対比ポイント

 

誰かのために刑務所に入った所は同じストーリー展開ですが、それまでの経過ストーリーや組での待遇などが全く異なります。
桐生一馬は親友の罪を被って刑務所に自ら入るので、この時点でカッコいい伝説が出来上がりますが、春日一番は組のために組を破門され堅気として刑務所に入ります。

 

その上、一番の場合は、刑務所に入っている間に組のみんなに裏切られてしまいます。
桐生は「堂島の龍」としての伝説があるのに、ただの無職の40歳として出てきます。

 

制作者の意図としては、ちょっとした事や境遇で大きく人生が変わってしまうことの対比を描きたいという気持ちがあるようです。
「堂島の龍」の龍として伝説を築いた桐生と、組でも下っ端だったから誰も寄ってこない「ドン底の男」一番の境遇が大きな違いですね。

 

伝説を作り上げた男とチンピラの成り上がりストーリーの対比を楽しむ事が出来ます。
一番は、あっけらかんとその場の典と性格だけで生き抜いていくタイプの男なので、キャラとしての魅力はとてもあると思います。

 

性格の違い

 

桐生は、黙って俺についてこいといったカッコいい男の雰囲気、それに比べて一番は小さい頃から神室町で可愛がられていたので、よくしゃべるし愛嬌がある方。
同じ境遇にぶつかってもそれぞれのキャラクターの性格で、ストーリー展開は全く異なるので、龍が如くオンライン(龍オン)では今までとは全く違った予想だにしなかったストーリー展開を楽しむ事が出来るかもしれません!